吃音と電話の上手な付き合い方 – コミュニケーションのヒントと工夫 | 吃音/パニック/不登校改善克服ラボ

吃音と電話の上手な付き合い方 – コミュニケーションのヒントと工夫

吃音と電話 吃音(どもり)
この記事は約2分で読めます。

吃音症の人にとって、電話でのコミュニケーションは特に辛くて怖い場面かも知れません。しかし、適切なアプローチと工夫をすることで、吃音と電話を上手に付き合うことができます。

前もって準備する

電話をかける前に、自分のメッセージや要件をまとめることが重要です。メモやキーワードを用意しておくことで、話す内容を整理し、スムーズにコミュニケーションすることができます。

ゆっくり話す

吃音を抱える場合、ゆっくりと話すことが有効です。急いで話そうとすると症状が悪化することがありますので、自分のペースを保ちながら話すように心掛けましょう。相手にも自分のペースに合わせて待ってもらうことができるよう、伝えることも大切です。

話す前に深呼吸する

電話をかける前に、深呼吸やリラックス法を行うことで、緊張を和らげることができます。リラックスした状態で話すことで、吃音の症状を軽減することができます。

サポートを頼る

もし可能であれば、信頼できる友人や家族に電話のサポートを頼むことも考慮してください。一緒に電話をかけることで、自信を持って話すことができますし、必要な情報を伝えるサポートも受けられます。

まとめ

吃音を抱える人にとって、電話でのコミュニケーションは怖い場面かもしれませんが、適切な対処法と工夫によって克服することができます。

前もって準備し、ゆっくりと話すこと、深呼吸やリラックス法を取り入れること、サポートを頼ることなど、様々な方法があります。自分自身のペースでコミュニケーションを取ることを大切にし、自信を持って電話をこなすことができるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました