ひきこもりとは? | 吃音/パニック/不登校改善克服ラボ

ひきこもりとは?

ひきこもり 不登校(登校拒否)
この記事は約2分で読めます。

ひきこもりとは

ひきこもりとは、外出を避けて家や自室にひとりでずっといることを指します。これは一時的なものではなく、何週間、何ヶ月、あるいは何年も続く場合があります。ひきこもりの人は、学校や仕事、社会活動などへの積極的な参加を避け、社会的な関係や活動から遠ざかってしまいます。

ひきこもりの理由

ひきこもりの理由は人それぞれで異なりますが、以下に一般的な理由をいくつか紹介します。

  • 心理的な問題:
    不安やうつ状態、社交恐怖症など、心の健康に関連した問題が原因でひきこもることがあります。社会的な場面や他人との関わりに対して恐怖や不安を感じるため、家に引きこもることで安心感を得ようとする場合もあります。

  • 人間関係の問題:
    いじめや人間関係のトラブル、友人や家族との衝突など、人間関係に関連した問題がひきこもりの原因となることがあります。関係のトラブルから逃れるために家に閉じこもることで自分を保護しようとする場合もあります。

  • 学校や職場への適応困難:
    学校や職場での学習や仕事に対する適応困難がひきこもりの要因になることがあります。学業や職場のストレスやプレッシャーに対処できず、外出を避けることで逃避しようとする場合があります。

まとめ

ひきこもりは本人や家族にとって困難な状況であり、社会的な関わりや成長の機会を逃してしまうことが懸念されます。ひきこもりの人には、適切なサポートや専門家の支援が必要です。

家族や友人、専門の支援機関などが協力し、ひきこもりの人が少しずつ外出や社会参加に慣れていけるようにサポートすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました