不登校(登校拒否)とは? | 吃音/パニック/不登校改善克服ラボ

不登校(登校拒否)とは?

不登校(登校拒否)とは? 不登校(登校拒否)
この記事は約2分で読めます。

不登校とは

不登校は、文部科学省の資料によると『何らかの理由により登校しない、あるいはしたくてもできない状況で年30日以上欠席している者(病気や経済的理由を除く)』と定義されています。

不登校の理由は人それぞれであり、身体的な病気や精神的な問題、学校環境や人間関係の悩みなどが関与することがあります。具体的な不登校の症状や理由は人によって異なりますが、以下に一般的な例を挙げます。

  • 身体的な理由:病気や体調不良により学校に行くことが難しくなる場合があります。
  • 学習の困難: 学校の勉強が難しく感じて、自信を失ったり理解できなかったりすることで学校に行くことを避ける場合があります。
  • 学校環境や人間関係の問題:いじめや友人関係のトラブル、教師との関係の悩みなどが原因で学校に行くことが辛くなる場合。
  • 心理的な問題:不安やストレス、うつ状態などの心理的な問題が学校に行くことを困難にさせることがあります。

不登校と登校拒否は違う?

では不登校と登校拒否は違うのでしょうか?厳密に言えば違うような気がしますが、先ほどの文部科学省の資料と以下の厚生労働省のホームページでも同義に扱っているようです。ですので、当サイトでも同じものとして扱うこととします。

まとめ

不登校や登校拒否は、本人や周囲の人々にとって心配や困惑を引き起こすことがあります。スクールカウンセラーや専門機関などに相談し、問題の解決や状況の改善を図ることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました